ひときわ個性に輝く学習塾〜こどもふしぎ探偵塾・吹田市(小1〜小6)
こどもふしぎ?探偵塾
時間割と授業料
探偵塾へのアクセス
先輩だより
 

こどもふしぎ探偵塾
■所在地:
大阪府吹田市竹見台3-6-13
■お問い合わせ:
TEL:06-6834-9567
FAX:06-6871-3399
■MAIL:
info@tantei-juku.com

探偵塾の理科実験教室の様子です。実験が始まると、いつもにぎやかなみんなが真剣に作業をし始めます。(現在は実施しておりません)
〔09.10月はこんな実験をしました!〕
小5 『不思議な乗り物〜ホバークラフトを作ろう』
10月3日(土) 10:30〜12:30
(実験内容)
ホバークラフトって知っていますか。聞き聞きなれない乗り物ですが、海上を空気の力で滑空する乗り物です。
実用化されてイギリスとフランスの間のドーバー海峡や日本でも大分空港と市内を結ぶ交通手段として実際に走っています。その原理を知るために、ホバークラフトの模型を作ります。教室に置いていますので、興味のある人は見に来てください。
部品をカットします。 作業には正確さが要求されます。 ホバークラフトの形になってきました。
電池を詰めれば完成です。 ホバークラフトをセットして
いよいよ発進です。
ちょっと写真ではわかりにくいですが、勢いよく走っています!
〔09.9月はこんな実験をしました!〕
小6 『100万年前の世界にタイムスリップ〜ジュラシックパークの世界をのぞいてみよう』
9月19日(土) 10:30〜12:30
(実験内容)
映画「ジュラシックパーク」では、コハクに閉じ込められた蚊の血液から恐竜のDNAを取り出し、恐竜を作り出すお話でしたね。 授業では、コハクをしっかり磨いて中に閉じ込められた虫たちを顕微鏡観察します。
上手に磨けば、美しく琥珀色に輝く、宝石のようなすてきな記念品になります。
まず最初の作業はコハクのくもった表面を磨くこと。 サンドペーパーでごしごし磨いていくと、少しずつコハクが透明になり中が見えてきました。
大分磨きがかかってきました。
きれいに磨き上げてコハクの中を観察しました。
コハクによっては面白い形が出来上がります。
するとついに昆虫らしきものを発見!
100万年前(?)の生物を見つけることに成功しました!
 〔09.8月はこんな実験をしました!〕
8月の特別講座 『いろんな紙を作ってみよう』
8月1日(土) 10:00〜12:00
(実験内容)
中国で生まれた紙すきの方法を使って、身近にある「にんじん」や「キャベツ」などの野菜で紙作りをします。
そしてもう一つ、英語の「ペーパー」の語源にもなったエジプトの古代紙「パピルス」作りにも挑戦します。紙すきのように「のり」を使わないでも繊維がくっついて紙のようになる不思議な植物です。
2種類の紙作りを通して、"人類の英知"を体感できます。「夏の自由研究」にも最適な内容です。
野菜紙の原料を型に流し込みます。 紙を押し固めて形を整えます。 日の丸の紙ができました。
後はしっかり乾かせば完成です!
小6 『水溶液の性質A〜君も錬金術師だ!メッキと合金に挑戦』
8月8日(土) 10:00〜12:00
(実験内容)
人間は数千年もの長い間、金でないものから金を作りだそうとして錬金術(化学)を発達させてきました。
今回、参加者の皆さんにも錬金術師になってもらって、銅メダルから銀メダル、そして、その銀メダルを金メダルに変えるという手品のような、思わずアッと声を出してしまう実験をします。楽しい化学の世界をちょっとのぞいてみましょう。
金属の重さを慎重に測りビーカーに入れます。 ビーカーを熱して亜鉛を
溶かします。
このビーカーに銅板を入れてみます。
すると銀色の亜鉛メッキができました。  これを熱すると亜鉛と銅が化合し金色に変わります。
小4 『光の性質の学習〜潜望鏡&万華鏡を作ろう』
8月8日(土) 1:00〜3:00
(実験内容)
光の性質の直進・反射を利用した工作です。今回は潜望鏡と万華鏡をいっぺんに作ります。2枚の合わせ鏡を使った物の見え方と3枚の合わせ鏡を使った物の見え方の違いを学習するのがねらいです。
合わせ鏡は入試でもよく取り上げられ、また夏の工作としても楽しめます!
説明書をしっかり読んで組み立てていきます。 鏡を使って、万華鏡の仕組みを理解していきます。
鏡の並べ方によって、見え方が全然違います。
かなり万華鏡っぽく いよいよ万華鏡の世界にダイブです。
かなり本格的な万華鏡の完成です!色とりどりの光が広がる芸術の世界です。 
〔09.7月はこんな実験をしました!〕
小4 『夏・冬の星座〜アストロプロジェクターを作ろう!〜』
7月4日(土) 10:30〜12:30におこなわれました!
設計図を書いています。  2人ともとっても真剣です。
 いよいよハサミを使って紙を切り始めます。出来あっがたのはアストロプロジェクター!↑
お家の中に小さなプラネタリウムの完成です。
小5 『小さな生き物の観察〜手作り顕微鏡とプレパラートを作ろう〜』
7月18日(土) 10:30〜12:30
手作り顕微鏡をまずセットします。 顕微鏡を見るまでの準備がなかなか大変です。  いよいよ観察開始!
これはなんと蚊の頭です。  これは、赤く染めた玉ねぎの皮です! 他にも、沢山観察しました。
小6 『水溶液の性質@〜水溶液の見分け方と中和〜』
7月11日(土) 10:30〜12:30
(実験内容)
今回は、リトマス紙以外に、学校では教わらないBTB溶液・フェーリング液も使って、
水溶液の性質を調べる本格的な実験です。
最初は、透明で何の種類か分からなかった水溶液も、薬品を混ぜたりしている内に、その正体がわかってきます。
鮮やかな色の変化に、きっと驚くことでしょう。
理科実験2年目のベテランさんは手付きも慣れています。色々な薬品を試験管の中に入れて実験です。
リトマス紙がどう変化するでしょう?  たくさんの水溶液を見事に分けることができました!↑
7月の特別講座
『色を科学する』

7月25日(土) 10:30〜12:30
(実験内容)
色の三原色を、色の「足し算」・「分解」の実験を通して学習します。三色のセロハンを使って異なる色を足すと何色になるかの実験や、ペーパークロマトグラフィを使って水性ペンの成分を調べる実験を行います。
また、実験の最後に分光器を作成し、虹を作って光がすべての色を持っていることを実感しました。
色の三原色を合わせたら、何色になるか実験です。 クロマトログラフィ−にペンで色をつけ、水に浸けます。
紙が水を吸ってくるとマーカーの中のインクが色々な色にどんどん分かれます。
これは何でしょう? 箱をのぞきこむと、細い隙間を通った光が、それぞれの色に分解され、虹をつくります。
こども探偵塾の概要 各学年別クラス内容 探偵ラボ〜理科実験教室〜 時間割と授業料
探偵塾へのアクセス 生徒募集・入塾テスト 探偵塾先輩だより トップページ